FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有り難うございました


本日未明、お世話になりっぱなしだった叔父さんが天国へ旅立ちました。
叔父さんは目が見えないのを感じさせないくらい
自分の足で何処へでも出かける人でした。

盲目でありながらパソコンの知識は健常者へ教えに行くほどで
僕も子供の頃から叔父さんのいる祖母の家へ行きパソコンを弄らせて貰ってました。
大人になってからもそれは変わらず、休職中家に寄ってはパソコンを使わせてくれたり
時にはパソコンのトラブルを話したりその度に色々調べてくれました。

盲目とは思えないくらいにスマホやipadを使いこなし
健常者の僕ですら知らない事を知っている頼れる叔父さん。
でも、もういません。

家を訪ねてももういないんです。
僕は叔父さんに頼ってばかりいた、そのお返しも出来ないまま旅立たれてしまった。
昨日だっていつも通りに駅まで送り届けました。

いつものように馴染みのコンビニに寄って、顔見知りになった店員さんと言葉を交わし
いつものように三つ先の駅へ出発したんです。
帰宅したのは夜の23時、足が痛んで眠れないと話した祖母の足を疲れてるのにマッサージしてくれたそうです。
本当にいつも通りに帰宅して眠りについた叔父さん。

しかし早朝6時頃、様子がおかしいと祖母が気づき119番。
僕の両親も駆けつけ救急車も来ていましたが、既に心肺停止だったらしく搬送はされませんでした。
あまりに突然の別れで、僕もまだ叔父が亡くなった事、もうこの世にはいない事が理解し切れてません。

昼頃訪ねた時、叔父の姿はなく、叔父の使っていた物達が変わらず迎えただけでした。
生きている叔父と最後に言葉を交わしたのは僕でした。

「駅に着いたぜ~」
「有り難う○○ちゃん、そいじゃ行ってくるね」
「気を付けてね」
「○○ちゃんも気を付けてね」

これが最後のやり取りになるなんてな~・・・
本当に信じられないですが、これは現実なんですな。
今思うのは、叔父は幸せだったのかな、です。

布団の中で明日はこれをしようとか、色々考えてたと思うんですよ
まさか叔父も自分が死んでしまうなんて思ってもいなかっただろうし
盲目だけどまだまだやりたい事しかもあっただろうから・・
きっと家に独りになってしまう祖母の事、気掛かりだろうな・・・・。

今後、なるべく祖母の家を訪ねようと思います。
祖母が叔父との思い出を笑顔で話せるようになれるまでは。

迷惑やら心配をたくさん掛けて、恩返しも出来なかったのが悔しいけれど
いつまでも悲しんでられないから僕は今後しっかり生きていきたいと思いました。
叔父に誇れるように、笑って墓前に報告できるように!

葬儀がいつになるかは今日決まるそうです。
家族葬にする事ももう決まってるので、後は送る日を待つ事になりそうです。
色々と不安はあるけれど、天国にいる叔父さんが心配しないようにしなくては!
FFは今日明日、明々後日、まあ少しログインは控えようと思います。

叔父さん!今日まで本当にありがとうございました!
僕も頑張るから安心して休んで下さいね!!
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。